Video

IBP(統合事業計画)で実現する 高パフォーマンス

従来型の年次予算策定プロセスに対し、より効果的なビジネスツールとしてのIBP

Ventana Research の直近の調査によると、従業員数500名以上規模の企業の65%が予算策定に、63%が売上予測に、75%がS&OP(セールス&オペレーションズプランニング)にスプレッドシートを使用していることが判明しました。その結果は、計画プロセスの分断、エラー発生のリスク、更に部門間におけるコラボレーションの欠如を招くことになります。 

Ventana ResearchのSVP及びリサーチディレクター、Robert D. Kugel氏が、戦略、オペレーション、ファイナンスという事業計画の3つの柱を中心に、企業全体、コラボレーション、ビジネスファーストの視点から統合事業計画(IBP)のもたらすメリットを語ります。