レポート機能

正しい情報を意思決定者の手元に

BOARDは、直感的なドラッグアンドドロップインターフェイス、包括的な一連のチャート、及び最先端のMS Office®統合を先進の警告及びブロードキャスト機能と組み合わせます。これにより、組織全体にわたるあらゆる種類のレポートを容易に作成し、配布することができます。情報が配布されると、強力なセルフサービス環境により、個々のユーザは必要に応じて自由にレポートをカスタマイズし、検証済みの一貫した共有された情報ソースを通じて質問への回答を直ちに得ることができます。

個人用に設定された直観的な素晴らしいレポートを効率的に提供

BOARDを利用して、企業は、任意の形式でインタラクティブなレポートや制定なレポートの数千ユーザへの提供をスケジュールし、自動化できます。これにより、従業員、顧客またはパートナーは適切な時に正しい情報を受け取ることができます。
セキュリティ役割を活用することで、単一のレポートを組織またはサプライチェーン全体に配布できますが、ユーザには、表示する権限を与えられたデータのみが表示されます。同時に、多言語機能では、全てのユーザが直接使用言語で情報を表示できます。

データディスカバリーとエンタープライズレポーティングを同じページに保持

BOARDは、最新のセルフサービスレポーティング環境を提供し、ユーザはドラッグアンドドロップによって分析の測定値と次元を利用してレポートをカスタマイズできます。 先進のポイントアンドクリックインターフェイスで、ユーザは分析のドライバーとしてBOARDオブジェクト(グラフ、コックピット、データビュー行)を利用し、フィルター、並べ替え及びアラートを簡単に管理し、自然で直観的な方法でデータをやり取りすることができます。

思考の速度で深い分析を実行

データを深く掘り下げる必要がある場合に、BOARDは、ビジネスユーザが高度な概要から非常に詳細な分析まで素早く移行し、変更の背後にある原動力を特定し、隠れたパターンを見分け、大局的傾向を理解できる独自の一連の機能を提供します。

ドリルダウン

ドリルエニウェア

分析的ビジネス機能

作成済み時間関数

スライス&ダイス

ピボット

フィルタリング

並べ替え

レポーティングをイベント駆動型にする

BOARDの警告及びブロードキャストメカニズムにより、組織は情報提供をビジネスデータの連続モニタリング機能に関連付けられるようになります。重要なイベントが発生すると常に、適切な意思決定者に直ちに通知されるため、情報提供プロセスの有効性と企業全体のビジネス応答性が劇的に向上します。

一度作成すればどこにでも展開可能

BOARDは、レポートを一度作成すれば、コーディングすることなく即座にあらゆるデバイスに展開できる完全なレスポンシブ設計による、ネイティブのHTML 5技術を提供します。



マッピング及び先進のチャート作成機能の利用

BOARDは、ヒートマップ、ツリーマップ、ウォーターフォール、バブルチャート及びレーダーなどの先進のチャートを数多く提供し、各自のデータの意味を理解できるようにするための最適な可視化オプションをユーザに提供します。 さらに、BOARDのインタラクティブマップは、意思決定者が「どこにあるかという要因」に焦点を合わせ、データの空間的洞察を得られるようにします。

Next Capability: Dashboarding