財務

予算編成、計画立案、予測に革命を起こす

戦略、オペレーション、財務を結び付ける統合アプローチにより、予算編成、計画立案、および予測業務の精度、効率、一貫性を向上

財務部門では、戦略的な意思決定を下すための詳細なビジネス上の洞察を提供しなければならないというプレッシャーが高まる中で、分散型の計画立案アプローチを取っているような余裕はありません。先を見通している財務部門は、統合事業計画(IBP)アプローチに移行しつつあります。このアプローチでは、戦略、オペレーション、および財務計画を、利用可能なリソースと結び付けて考えるとともに、事業成長を支えるための能力を向上させることで自組織を俊敏で対応力のあるチームに変革します。Boardは、統合型のソリューションで予算編成、計画立案、予測のプロセス全体をサポートします。これにより、分散型のスプレッドシートから生まれる課題を克服し、完全に連携されたアプローチを提供します。

統合事業計画を現実化

Boardプラットフォームは、ベストプラクティスだとは認識されているものの、かつては多くの人から「遠い夢」と思われていたアプローチである統合事業計画(IBP)を実現します。これにより企業は、FP&A、S&OP、および戦略計画をシームレスなエンドツーエンドのプロセスとして結び付けることが可能になります。

  • 戦略を実行可能な計画に変換

    戦略と実行を容易にリンクさせます。統合型のアプローチにより、戦略的なビジョンをフィルタし、運用業務のレベルにまで細分化することで、完全な透明性を実現します。

  • 数字の背後にあるストーリーを読み解く

    財務データと運用データの間に潜む関係を特定することで、何が収益に影響を与えているかを運用レベルで明確化します。

  • 組織全体に目標を容易かつ段階的に浸透

    運用上の推進要因が戦略的および財務的な成果に与える影響をモデリングして予測することができるので、部門別の目標を設定し、戦略を支えるために役立ちます。

  • コラボレーションを促進し、説明責任を果たす

    プロセスが完全に統合されているため、同じ目標に向けて全チームが協力しやすくなります。特定の部門の活動が他の部門にどのような影響を与えるかを完全に可視化できます。

財務部門のためのIBP(統合事業計画): Boardソフトウェアのトップ画面

財務計画および分析(FP&A)を変革

スプレッドシートを切り貼りしたり複数の部署で連携の取れていないシステムを使用したりする従来のFP&Aアプローチから、1つの一元化されたソリューションに移行しましょう。トランザクションシステムやレガシーシステムなどの複数のソースからのデータを統合し、財務計画および報告業務におけるデータの一元性・一貫性を実現します。

  • あらゆる対象期間の計画を管理

    一元化された環境で、長期計画業務を年間予算、四半期修正予算、および短期予測の業務と統合します。また、適切な評価基準とカスタムワークフローの承認のもと、プロセス全体の精度と監査可能性を保証します。

  • 収益と費用を簡単にナビゲート

    複数の次元や階層に変更を反映させたり、非常に細かいレベルまでドリルダウンしたりすることのできる、トップダウンまたはボトムアップのアプローチにより、収益と費用の計画を容易に立案できます。それにより、数値がどのような原因で変動しているかを特定しやすくなります。

  • 資金のニーズを効率的にシミュレート

    資本の要件や資金のニーズを容易に把握し、設備投資、正味運転資本、および正味財務状態を考慮してバランスシート計画を微調整できるようになります。

  • 現金の生成状況を正確に予測

    キャッシュフロー計画を考慮し、キャッシュポジションに影響を及ぼすあらゆる要因を観察しながら、組織の現金生成能力を把握します。

  • 価値に基づくビジネスを実現

    独自のシミュレーション機能を使用して、主要な価値推進要因の変動が企業の価値創造にどのような影響を及ぼすかを検討します。

財務計画の価値創造ダッシュボード

戦略の策定を容易に

戦略計画の機能を使用して、戦略を価値創造につなげます。これにより財務担当者は、より価値のあるイニシアチブを見つけて、適切に資本を割り当てられるようになります。

  • 戦略計画を測定可能なイニシアチブに変換

    大まかな戦略路線を測定可能なイニシアチブとして段階的に浸透させることにより、戦略計画のプロセスを変革します。

  • イニシアチブによる影響を効果的に評価

    各イニシアチブについて、収益の成長、収益性への貢献、および資本効率の強化の観点から、どのような影響があるかを明らかにします。

  • より価値のある事業戦略を簡単に選択

    企業の価値創造における影響を考慮して、より重要なイニシアチブを絞り込みます。

  • 財源を適切に割り当てる

    絞り込んだ戦略イニシアチブに実際に取り組む前に、それらのイニシアチブに、資本を最大限活用できるよう割り当てます。

財務計画の戦略的シナリオのダッシュボードサンプル

社内全体の運用計画を連携

リアルタイムで計画を立案して調整することができるので、運用計画を容易に設定して、サプライチェーンから販売&マーケティングに至るまでの企業プロセスをエンドツーエンドでつなぎ、主要な事業目標を達成するための最も効率的で経済的なリソースの組み合わせを見つけることができます。

  • 販売計画

    営業およびマーケティング部門からのあらゆる情報や洞察を統合しながら、ドライバベースの売り上げ予測を実現するための最も効率的な方法を導き出します。

  • サプライチェーン計画

    需要計画を生産、倉庫、物流&ロジスティクス、および調達の計画に反映させます。

  • 人員計画

    人員の数と販売実績または運用実績との相関関係を見極めて、人材の異動や採用によって生産性を高められる領域を特定します。

  • 部門間の統合

    特定の領域における業績と、それがその他の領域の業績に与える影響との関係を可視化することで、部門間のコラボレーション型のアプローチを推進します。

Boardオペレーション計画のモバイル画面サンプル
お客様の成功事例-KPMG

財務部門のデジタルトランスフォーメーション

財務部門でのデジタルトランスフォーメーションの取り組みを支えるBoardは、KPMGでの、予算編成、計画立案、予測、収益性分析、および報告業務の完全に統合されたアプローチの導入を成功させました。

Boardの財務機能の詳細をご覧ください

予算編成、計画立案、予測

組織全体の予算編成、計画立案、および予測業務をシームレスにつなぎ、反復的なプロセスを自動化することで時間を節約し、統合事業計画アプローチにより可視性、精度、コラボレーションを向上させます。

現在のページ

収益性分析、業績管理、アナリティクス

収益性と業績の分析、主要な価値推進要因の変化がビジネス上の成果に及ぼす影響のシミュレート、および洗練された分析ツールによるデータからの洞察の抽出による、十分な情報に基づく意思決定を可能にします。

詳細

決算処理、連結会計、リース会計

コンプライアンスを遵守したワークフロー主導型の環境で、決算処理、連結会計、およびリース会計業務を容易にします。

詳細

法定報告、開示管理、管理報告

単一の環境の利点を活用して、報告作業と開示義務を達成します。

詳細