サプライチェーン計画とアナリティクス

今日絶え間なく変化するビジネス状況では、コラボレーションとパートナーシップが不可欠です。組織は、単体としてだけでは競争できなくなっています。サプライチェーン業務の計画、実行、管理プロセスは、顧客の要件をより良く満たし、市場の変化により迅速に対応するためにますます重要になっています。

BOARDの独自のツールキットアプローチは、原産地から消費地までにわたる全ての原料の移動と保管、仕掛品在庫、完成品に関する詳細情報を組織で収集するために役立ちます。また、サプライチェーンにわたって単一のビューを提供します。

BOARDはCPM及びBI機能を独特の方法で統合します。このアプローチにより、企業はサプライチェーンの計画、調達、製造、物流及び返品などのプロセスの主要因を制御するために、KPIを導入できます。これにより、サプライチェーン業務全体の効果と効率を高めるために分析を行い、行動することができます。

洗練された'what-if'及び'what-for'分析は、材料及び生産ラインのニーズを予測し計画するために役立つ付加的なインテリジェンス層を提供し、ERP及びSCMシステムから生じた大量の未加工データから意思決定者にとって意味のある情報を生成します。

supplychain_screen.png

BOARDにより導入されるサプライチェーン管理アプリケーションには次のものがあります。

  • サプライチェーンプロセス全体をモニタリング、サポート及び制御するためのサプライチェーンダッシュボード
  • 顧客の需要と生産及び納品能力のバランスを取るためのシナリオ分析
  • サプライヤ管理
  • 納品の最適化
  • 拡張サプライチェーンにわたる財務に関する洞察
  • 材料及び生産ラインのニーズを予測するためのWhat-if及びwhat-for分析