営業向けの計画とアナリティクス

Boardは、洗練されたセールスアナリティクス、販売予測及び販売計画に必要な全ての機能を提供します。セルフサービスのデータディスカバリーは、営業担当者が単一または複数の地域、チャネルや製品に対し、または集約レベルで多次元分析を実行できるようにします。BoardのマッピングツールによるGeo-Analyseは、結果の影響を強調します。ユーザは、顧客と潜在顧客のセグメンテーションを通じてターゲティングを改善し、顧客候補をモニタリングし、パイプラインを管理し、変換率を最適化できます。 この膨大な分析機能と統合されたBoardは、監査証跡によるインタラクティブなワークフロー、バージョニング、シナリオ及び承認状態プロセスを含む、使いやすい予算編成及び計画ツールを提供します。

Boardにより導入されるセールスアプリケーションには次のものがあります。

セールスレポートとダッシュボード

Boardのセルフサービスユーザインタフェースによって、ビジネスユーザは真の独立を果たします。ビジネスユーザは単独で、データを探索し、データ認識オブジェクトを個人のダッシュボードに保存し、独自の興味に応じてオブジェクトを変更することができます。これまでになく簡単に一から新しいダッシュボードを作成できます。白いキャンバス上にテーブル、グラフ、マップまたはコックピットなどのオブジェクトをドラッグアンドドロップし、数回のクリックでそれらにデータを挿入するだけで、ユーザは個人用の探索環境を作成できます。Boardの高度な計画機能は、データ、メタデータ及びアプリケーションの調査を可能にします。 セールスの専門家は、集約レベルで業績を確認し、製品ラインまたは単一の製品にドリルダウンし、地域またはチャネルごとの分析を行うことができます。クリックして、レポートをExcel、XML、HTML及びCSVなどの複数の形式にエクスポートできます。

販売予測と需要計画

BEAM(Board Enterprise Predictive Analytics: Boardエンタープライズ予測アナリティクス)は、高度なアナリティクスと予測アナリティクスをBoardプラットフォームにシームレスに統合する新しいモジュールです。 BEAMの機能を利用して、Salesforceや他のシステムからのデータの絶え間ない流れにより提供される実施可能な洞察を通じて、正確で動的なデータに基づいた予測を行うことができます。さらに、顧客サービスの向上、コスト削減、リアルタイムの需要及びサプライチェーン計画によって運転資本の解放が可能になります。 予測は、会社独自のデータのみに基づいて構築されるのではありません。その代わり、マクロ経済状況や気象条件などの外的要素や仮定も考慮し、販売数量、収益性及び全体的な結果に対する影響を評価する必要があります。これらの貴重な洞察によって、今後の結果が最適化されるように測定値を開発することができます。

販売予算編成及び計画

Boardは、ビジネスインテリジェンスツールを会社の業績管理機能にシームレスに統合します。このように、次の販売サイクルの計画及び予算編成の基盤として、現在の結果や過去の結果を容易に利用できます。意思決定者は、予想される成長のアルゴリズムを自由に決め、予想される傾向からの例外を手動で管理することができます。 Boardの予算編成ワークフローは、営業担当者とマネージャー間の真の対話型プロセスのためのトップダウン及びボトムアップ要素を提供します。これらのワークフローは、膨大でエラーを生じやすいスプレッドシートを使って作業する必要をなくし、新しい予算を迅速かつ容易に編成できるようにします。