予測アナリティクスと高度なアナリティクス

より意味のある予測的洞察を利用してより良い意思決定を促進

"超高速で変化する今日のビジネス状況で活動するために必要なアジリティと共に、高度な分析及び予測機能を会社のビジネスプロセスに組み込みました。従来のデータマイニング及び分析製品で必要とされるような専門家集団に依存する必要なく、簡単な方法で、ビジネスユーザが主導権を握ることができます。 Board BEAMは、予測分析の全能力を、日々のビジネス活動及び意思決定プロセスに効果的に組み込む、革新的なソリューションを提供します。これにより、強力なビジネス洞察を得て、行動を取ることが誰にとってもこれまでになく容易になります。"

過去の記録をビジネス予測に変える

"Board BEAMの自動予測モデリングの全機能を利用し、従来の分析ソリューションと比べてわずかな時間と労力で、極めて正確な予測を行うことができます。 自動モデリングアプローチにより、Board BEAMは、各時系列の特徴を自動的に評価し、その結果として適切なモデルを生成し、主要な競合他社に比べて何千倍も速く予測を実行できます。得られる洞察は、シナリオにさらに情報を追加して、予測に外部変数(共変量)の影響を反映することにより、改良することができます。"

クラスタ及びセグメンテーション分析の即時実行

Board BEAMは、K平均法を用いて、類似のオブジェクトのクラスタを自動的に定義できます。
ビジネスユーザがグループの数及び観察セット(利益性と回転率)を選択し、Boardは瞬時にK平均法クラスタを作成し、それを標準的なビジネスインテリジェンス及び業績管理環境で分析の次元として利用できるようにします。
クラスタリング機能とBoard環境の間のシームレスな統合は、クラスタに基づくレポート、グラフ及びセルフサービス分析の即座の作成を可能にするだけでなく、予測または計画単位としてクラスタを利用できるようにします。

Board統計関数の能力を利用

Board BEAMは、最小/最大、平均、標準偏差から、頻度、最新性、休止期、発生期などのビジネス分析用に特別に設計されたアルゴリズムまでにわたる一連の即利用可能な統計関数を提供します。このBoardプラットフォームへのシームレスな統合により、ビジネスユーザはこれらの関数を即座に利用して分析、ダッシュボード、レポートを作成できます。

Next Capability: Scorecarding