シミュレーション

意思決定のビジネスへの影響を即座に把握

BOARDは、ビジネス上の課題を厳密に反映するシミュレーションモデルを容易に素早く作成する機能を提供し、決定が下される前にその決定の潜在的影響を評価するための分析的インテリジェンスをもたらします。

BOARDの最先端技術は、従来のソリューションの全ての欠点を克服し、シミュレーションプロセスを迅速でアジャイルにし、実装しやすくします。

洗練されたビジネスモデルを容易に作成

BOARDは、ビジネスプロセスを洗練された分析モデルに変換する機能を提供します。この分析モデルにより、ユーザは組織の実績に関する決定の影響を評価できます。
ネイティブ機能(リアルタイムデータ集計、計算及び割り当て、式と値を同時に処理するセル、ビジネスルール)の強力な組み合わせは、重要なビジネス推進要因の仮定により生じる潜在的結果または潜在的結果から生じる重要なビジネス推進要因の仮定を容易に理解できるようにします。
例えば、標準的なBOARDモデルで、固定費の割り当ての変更を、製品チャネル及び顧客ごとのEBITの計算に即座に反映することができます。逆に、製品チャネル及び顧客ごとのEBITの計算の変更を、固定費の割り当てに反映することもできます。
同様のモデルは、計画、シナリオ計画及び感度分析などの戦略的目的で、また財務、従業員及びS&OP計画プロセスの正確性と有効性を向上させるために作成できます。

待つのを止め、リアルタイムモデリングに移行しましょう

構造的硬直性と、大量または複雑なデータセットを良好なパフォーマンスでは処理できないことを特徴とする従来のシミュレーション及び計画ソリューションと異なり、BOARDは、モデルに対するリアルタイムの変更、次元及び階層にわたるデータ割り当て、データ計算及び修正を管理する機能を提供します。
新しい事業単位、新製品、新規市場、または別の投資は、シミュレーションまたは計画プロセス中に管理された方法で挿入し、ビジネスモデル全体における新しいシナリオの効果を再現することができます。実際、ユーザは集約レベル([製品ライン別の売上高(Sales by Product Lines)]など)で数値を入力し、変更は、全ての相関次元(例えば、ユーザが[製品ライン別の売上高(Sales by Product Lines)]を更新すると、変更も地理上の地域、チャネル、顧客などに反映されます)にわたって、自動的に最も広範な概要([総売上高(Total Sales)])及び最も下位の詳細(アイテムコード)に割り当てられます。

what-if及びwhat-for分析を根本的に変えます。式とデータエントリの両方のセルを利用します。

他のBI及びCPMソフトウェア製品と比べ、BOARDは最初からシミュレーションプロセスの管理において比類なき有効性を発揮します。
任意の次元にわたるデータへの変更はトップダウン、ボトムアップ、またはミドルアウトで割り当てられるだけではありません(一方、大部分の競合他社は、最下位の詳細からのボトムアップアルゴリズムしかサポートしていません)。さらに、逆アルゴリズムという特有の機能は、この機能を計算済みのフィールドにも拡張します。これは、例えば、パーセンテージの値を変更した場合、その変更は、パーセンテージの計算元である数量に自動的に反映されます。
同じセルを入力と出力に利用できるようにすることで、BOARDは、スプレッドシートの最も顕著な限界の一つである、セルは値または式を管理できるものの、その両方を管理できないという点を克服しています。
合計と小計などのあらゆる値に適用される、この基本的メカニズムは、シミュレーション及び計画処理中のユーザの体験を根本的に変えます。

予測モデリングの自動化

BOARDのシミュレーション機能は、自動予測モデリングの最先端ソリューションであるBOARD BEAMにより強化されます。
BOARD BEAMは、あらゆる時系列の特性を自動的に評価し、その結果として適切なモデルを生成できます。また、主要な競合他社に比べて何千倍も速く、極めて正確な予測を実行できます。
予測結果は、BOARD環境内で直ちに測定値として利用可能になり、予測管理をシミュレーションアプリケーションに容易に埋め込むことができます。