財務

財務分析を変革

幅広い包括的な分析ツールにより、データから有意義な洞察を抽出

精度の高い分析ツールを使用すれば、ビジネスの効率を高められる可能性があります。しかし依然として多くの企業は、スプレッドシートや連携の取れていないポイントソリューションを使って定量分析や予測を実行しています。Boardの意思決定プラットフォームは、将来的にも有効と考えられるソリューションを提供し、ネイティブの独自に開発した分析ツールのスイートにより、情報に基づく効果的な意思決定を推進します。

現代の企業のための財務分析ソフトウェア

財務計画およびレポート業務をサポートする分析機能は、運用と密接につながっています。予測分析、クラスタ化、およびその他の定量機能を利用することで、生データから洞察を抽出できます。

  • 財務計画および財務諸表内で分析機能を使用

    プラットフォーム内に組み込まれている分析およびデータ可視化機能により、従来の代わり映えのしない財務計画や財務諸表を超えたものを提供します。関連するビジネス領域(事業部門、市場、チャネル、顧客クラスタ、製品ファミリなど)やさまざまなレベルの財務詳細情報に沿った多次元的な視点に基づいて、個別の管理や法律(現地のGAAPやIFRSなど)に関連するニーズに対処できます

  • 財務とオペレーションを結び付ける

    財務と事業を簡単に結び付けて、ドライバベースのアプローチを導入することができます。これにより、財務上の変数からオペレーション上の主要な価値推進要因まで分析を進めることが可能になります

  • KPIや指標を素早く生成して監視

    複数のソースからのデータを確認しながら、Boardの技術的な手順を通じて複雑な財務KPIおよび指標を簡単に構築できます

  • 報告書類の作成を自動化

    BoardのWord、Excel、およびPowerPointアドインを使って、帳簿やプレゼンテーションを作成できます。これらに含まれる図表や関連する説明文は自動的に更新されます

  • ソースのシステムまでデータをドリルダウン

    Boardのドリルスルー機能により、データの生成元であるトランザクションシステム(ERP、CRM、SCM)などの企業システムのレベルまでデータを掘り下げて見ることができます

  • データを簡単に開示

    Boardに組み込まれたXBRLおよびiXBRLテクノロジを活用することで、報告要件に従ってデータを開示できます

  • 「自給自足」を推進

    完全に統合されたデータ検出および分析機能を、コード不要の環境で利用できます。IT部門やデータサイエンティストに頼る必要はありません

  • 予測分析により将来を見通す

    機械学習環境内の予測分析機能を使って、数量、収益、運用コスト、キャッシュフロー、その他の主要な価値推進要因に関する予測を自動的に生成できます

  • データマイニングによる洞察を活用

    Board独自のクラスタ化機能を使い、選択したドライバや次元に従ってあらゆる種類の財務データセットをセグメント化して、より有意義な価値創造のパターンを検出できます

  • 詳細な分析を数秒で実行

    最小/最大/平均から、よりビジネスに関係の深い累計購買回数、最新購買日、休眠、獲得などに至るまで、幅広い分析機能を活用できます。時系列の処理に関しては、より洗練された統計機能(線形回帰、重回帰、Holt-Winters法、自社開発アルゴリズムなど)を利用します

ファイナンス部門のためのビジネスインテリジェンス

ビジネスインテリジェンス(BI)、データ可視化、および分析に対する従来のアプローチでは、「他の役員にとっての頼れるビジネスパートナー兼アドバイザー」という幅広い役割をCFOが果たすために必要なものを提供することが難しくなりつつあります。

最近の調査によると、CFOの3分の2は、意思決定、業績予測、および市場の変化への迅速な対応のためのサポートが不十分だと考えていることが判明しました。しかし同時に、スタンドアロン型のBIおよびデータ可視化ツールの選択肢はかつてないほど増え続けています。

では財務部門は、ビジネスインテリジェンスのツールに何を期待するべきでしょうか?

お客様の成功事例-SEB

企業業績管理

Groupe SEBでは、旧来の報告ソリューションからBoardに移行してすぐに、従来よりも迅速に詳しい報告を作成できるようになりました。また財務チームは、年を追うごとに営業成果を高めていくための方法を評価できるようになりました。

財務分析に関する資料

Boardの財務機能の詳細をご覧ください

予算編成、計画立案、予測

組織全体の予算編成、計画立案、および予測業務をシームレスにつなぎ、反復的なプロセスを自動化することで時間を節約し、統合事業計画アプローチにより可視性、精度、コラボレーションを向上させます。

詳細

収益性分析、業績管理、アナリティクス

収益性と業績の分析、主要な価値推進要因の変化がビジネス上の成果に及ぼす影響のシミュレート、および洗練された分析ツールによるデータからの洞察の抽出による、十分な情報に基づく意思決定を可能にします。

詳細

決算処理、財務統合、リース会計

コンプライアンスを遵守したワークフロー主導型の環境で、決算処理、財務統合、およびリース会計業務を容易にします。

詳細

法定報告、開示管理、管理報告

単一の環境の利点を活用して、報告作業と開示義務を達成します

詳細