財務

財務業績管理を完全にコントロール

包括的な業績分析を実行し、自らの意思決定や外部の変化が今後の業績に与える影響をシミュレート

戦略的なビジネス目標を設定し、それらを組織全体で段階的に浸透させるためには、効果的な経営管理が不可欠です。しかし多くの企業は現在も縦割りで、断片的な視点しか持っていないため、データを効果的に検出、統合、および分析するのは困難です。Boardの意思決定プラットフォームは、ビジネス全体に分散しているソースからのデータを照合しながら単一のインターフェースに統合することにより、高精度の基盤を経営管理プロセス全体に提供します。

現代の企業のための経営管理ソフトウェア

分散したデータを分析およびシミュレーション用に自動的にまとめます。単一のソリューションで、財務および運用の業績を効果的に管理できるようになります

  • 会社の目標を部門の目標に素早く変換

    戦略をチームや個人の目標として段階的に浸透させることにより、組織全体が同じ目標に向けて取り組めるようにします

  • ギャップ分析を簡単に実行

    独自のプラットフォーム機能により、対象期間のエンティティを生成し、実績データと予測データ(例えば予算と修正予算)のギャップ分析を実行します。以下に関連して、現在または過去のあらゆる時点や期間の組み合わせを使用できます

    • 収益性の指標(粗利益、営業利益、キャッシュフローなど)
    • 関係のある主要な価値推進要因(顧客数、従業員数、プラント数など)
  • 業績向上の要因を把握

    各種の法人、統合の境界、事業部門、市場、地域、製品ファミリ、顧客タイプ、チャネルなどのビジネスの次元に沿ったギャップ分析を実行します

  • 全社規模で透明性を確保

    各種の法人、統合の境界、事業部門、市場、地域、製品ファミリ、顧客タイプ、チャネルなどのビジネスの次元に対応した単位、価格×数量、コスト×数量を特定します。これに基づき、企業と特定の次元の両方のレベルで、数量効果、価格効果、コスト効果、その他のさまざまな混合効果を計算します

  • 既存店ベースの比較を容易に作成

    既存店ベースの計算によって業績を調整し、M&Aの影響、新規製品の導入や廃棄、POSおよび季節の影響などによってもたらされるバイアスを取り除きます

  • 主要な価値推進要因が結果に与える影響をより深く理解

    what-if分析、シナリオモデリング、感度分析などのネイティブのシミュレーション機能により、変化やその影響をシミュレートします

お客様の成功事例-KPMG

レポーティングと経営管理を統合

Boardは、完全に統合されたレポーティング機能の基盤と経営管理機能を提供します。それにより、KPMG Netherlandsでは、市場の変化に今まで以上に迅速に対応できるようになりました。財務データにかつてないほど迅速かつ柔軟にアクセスして、それらのデータを分析できるため、意思決定が容易になります。

財務業績管理に関する資料
アナリストレポート
レポート:Nucleus Research CPM Value Matrix 2020
CPM(業績管理)市場は引き続き盛り上がりを見せています。企業の規模にかかわらず「計画(プランニング)」は必要不可欠な業務であり、計画を全社的に行き渡らせ有効にすることは長期的成功には欠かせません。 CPMベンダーの多くは、計画範囲を制限していませんが、ソリューションの対応領域は決算、リスク管... 詳細を表示

Boardの財務機能の詳細をご覧ください

予算編成、計画立案、予測

組織全体の予算編成、計画立案、および予測業務をシームレスにつなぎ、反復的なプロセスを自動化することで時間を節約し、統合事業計画アプローチにより可視性、精度、コラボレーションを向上させます。

詳細

収益性分析、業績管理、アナリティクス

収益性と業績の分析、主要な価値推進要因の変化がビジネス上の成果に及ぼす影響のシミュレート、および洗練された分析ツールによるデータからの洞察の抽出による、十分な情報に基づく意思決定を可能にします。

詳細

決算処理、連結会計、リース会計

コンプライアンスを遵守したワークフロー主導型の環境で、決算処理、連結、およびリース会計業務を容易にします。

詳細

法定報告、開示管理、管理報告

単一の環境の利点を活用して、報告作業と開示義務を達成します。

詳細