財務

収益性分析、経営管理、およびアナリティクスの統合により決算を推進

予算データと実績データを容易に分析し、販売プロセス全体の収益性と業績を可視化して、高度なアナリティクスにより分析に関する豊かな洞察を提供

今日の急速に変化するビジネス環境の中、財務部門は、今までよりもさらに短い期間で洞察を提供し、ビジネス上の意思決定を支援することが求められています。しかしそれも、データのサイロ、時代遅れのソリューション、手動のプロセスといった問題があると非常に難しくなります。

そうした問題に取り組むため、各企業では、収益性分析ソフトウェア、経営管理、およびアナリティクスを活用した今まで以上に統合されたアプローチを求めています。その目的は、強固なデータ基盤により意思決定を迅速化し、精度と成功の度合いを高めることです。Boardのオールインワンの意思決定プラットフォームが財務担当者に提供するソリューションには、迅速で効果的な意思決定を推進し、競争力を最大限に高めるために必要な幅広いツールが含まれています。

収益性分析、モデリング、および最適化を推進

業務のすべてのレベルで収益性を完全に可視化し、コストや利益を簡単に割り当てます。

収益性の指標

市場、製品ファミリ、顧客タイプ、チャネルなどの関連するビジネス変数に沿った正確な一貫性のある収益性指標をさまざまな階層レベルで導入することにより、洞察の質を高めて、仮定や個人的な解釈に頼らなくても済むようにします

売り上げの割り当て

複雑な洗練された基準に基づき、個別の項目や取引に対して収益、粗利益、直接変動費用などを適切に割り当てられるようにします

コストの割り当て

コストセンタや活動基準原価計算を始めとするさまざまな方法であらゆる運用コストを割り当てることにより、実際に営業利益の向上に役立つ方法を把握します

売上分析ソフトウェアの収益性分析例

業績管理を完全にコントロール

過去の数値の包括的な業績分析を実行し、社内、マクロ、またはミクロ環境の変化が今後の結果に与える影響をシミュレートします

ギャップ分析

現在のデータと過去のデータ、または実績データと目標データ(長期計画、予算、修正予算、短期予測に含まれるデータ)とのギャップ分析を実行します

多次元的な視点

市場、製品ファミリ、顧客タイプ、チャネルなどのビジネス変数におけるギャップを調査し、どのような領域で業績を達成できているかを把握します

業績の透明性

数量、価格、混合効果の観点から業績を精査し、成果の推進要因を把握します

既存店ベースの比較

既存店ベースのモデリングによってストーリーテリングの一貫性を高め、業績を調整します

シミュレーション

複数のwhat-ifシナリオを作成し、主要な価値推進要因の変化が財務成績に与える影響をシミュレートします

財務部門用に構築されたビジネスアナリティクスによるメリット

会計、計画、および予算編成の各サイクルでデータの検出をサポートするプラットフォームを活用し、分析、シミュレーション、統合、割り当てを効果的に支援します

収益予測管理ソフトウェア例
  • データの一元性・一貫性を実現

    統合されたBoard環境では、さまざまな企業レベルで生成された分析結果と報告から得られた統合データセットを財務部門が評価して、組織全体におけるデータの一元性・一貫性を保証できます

  • 分析、報告、ダッシュボードを簡単に作成して共有

    ビジネスユーザはBoardのセルフサービス機能を使用して、分析、インタラクティブなダッシュボード、および報告書を簡単に作成し、これらを高度なコラボレーション機能で効果的に共有できます

  • 財務と運用の両方の次元でデータを探索

    独自のビジネスインテリジェンス機能を活用し、複数の次元や階層を通じてデータをナビゲートします。非常に詳細なレベルまでドリルダウンすることもできます

  • 割り当て、照合、統合を効果的に管理

    あらゆる種類のビジネスモデルや財務モデルを簡単に作成して、Boardの割り当て、照合、統合機能を活用できます

  • 今後の結果をシミュレートし、意思決定のための情報を提供

    シミュレーション機能を利用して、感度分析とシナリオ分析を実施することで、主要な価値推進要因の関係についての理解を深め、価値を創造する方法を特定します

財務部門用のBI

ビジネスインテリジェンス(BI)、データ可視化、および分析に対する従来のアプローチでは、「他の役員にとっての頼れるビジネスパートナー兼アドバイザー」という幅広い役割をCFOが果たすために必要なものを提供することが難しくなりつつあります

最近の調査によると、CFOの3分の2は、意思決定、業績予測、および市場の変化への迅速な対応のためのサポートが不十分だと考えていることが判明しました。しかし同時に、スタンドアロン型のBIおよびデータ可視化ツールの選択肢はかつてないほど増え続けています

So, what should the Office of Finance expect from a Business Intelligence tool?

Boardによる収益性分析、経営管理、アナリティクス Image 1

Driving profitability analysis and planning transformation across 40 companies

We now have an automated collection process which means our Controllers can spend the majority of their time analyzing the data and reacting to situations, making better-informed business decisions.

Boardの財務機能の詳細をご覧ください

予算編成、計画立案、予測

組織全体の予算編成、計画立案、および予測業務をシームレスにつなぎ、反復的なプロセスを自動化することで時間を節約し、統合事業計画アプローチにより可視性、精度、コラボレーションを向上させます。

詳細

収益性分析、経営管理、アナリティクス

収益性と業績の分析、主要な価値推進要因の変化がビジネス上の成果に及ぼす影響のシミュレート、および洗練された分析ツールによるデータからの洞察の抽出による、十分な情報に基づく意思決定を可能にします

現在のページ

決算処理、連結会計、リース会計

コンプライアンスを遵守したワークフロー主導型の環境で、決算処理、連結、およびリース会計業務を容易にします。

詳細

法定報告、開示管理、管理報告

単一の環境の利点を活用して、報告作業と開示義務を達成します。

詳細