Marks & Spencer

M&S:財務のデジタル変革

柔軟で直感的な計画および分析プラットフォームで、40を超えるユースケースにわたる共同意思決定から価値を引き出す

ビジネスの俊敏性を高め、市場をリードする地位を維持することを目指して、英国の老舗小売業者Marks&Spencerは、異なるレガシーのファイナンスシステムとプロセスをBoard意思決定プラットフォームに置き換える変革プロジェクトに着手しました。FP&Aチームが管理するいくつかの報告および計画プロセスを自動化し、Boardプラットフォームを使用して運転資本のレポートと計画、コストイニシアチブの追跡、月毎のリスクと機会の効率を高めることにより、財務の変革を開始しました。

Boardのカスタマイズ可能な性質と、大規模なデータセットで高レベルのパフォーマンスを維持する機能により、新しいアプリケーションを迅速に実装し、食料品事業部の取引レポートや計画のサポートなど、商品部門の継続的な改善を推進する理想的な環境が生まれました。さらに、Boardは柔軟なセルフサービスインターフェイスを介して管理されるため、財務部門はITスペシャリストを関与させることなく新しいアプリケーションを簡単に構築および保守でき、ビジネスに貴重な戦略的洞察を提供する独自のアプリケーションを実装および管理できるようになります。

  • Industry: Retail
  • 部門: Finance
  • 売上規模: £10.2 billion
  • 店舗数: 1,519
  • グローバル拠点数: 57
柔軟で直感的な計画および分析プラットフォームで、40を超えるユースケースにわたる共同意思決定から価値を引き出す