マーケティングアナリティクス

適切なマーケティング上の判断を下すことは、会社の永続的な成長にとって不可欠です。BOARDを使用して、さまざまなソース(CRM、Web、ソーシャルメディア、データウェアハウスなど)からの内部及び外部のマーケティングデータを一つにまとめることができます。プログラミングを伴わないため、素早く容易に独自の質問への回答を得られるアプリケーションをユーザに提供することができ、インタラクティブなダッシュボード及びレポートで、一目で最も重要なデータを把握できるようになります。

BOARDを使用してキャンペーンの効率を評価し、測定値のROIを評価・改善し、潜在顧客と顧客を効率的にクラスタ化することができます。これらはすべてBOARDのコラボレーション型の直観的なツールキットを利用して行います。戦略的意思決定を行ったり、戦術的行動を取ったりする前に、What-ifシナリオを試験します。強力な分析基盤の上に戦略を立てることにより、次のマーケティングサイクルに向けた活動の最適な組み合わせを実現できます。

BOARDにより導入されるマーケティングアプリケーションには次のものがあります。

セルフサービスのマーケティング分析

マーケティングデータは、掘り起こされるのを待っている膨大で複雑な宝物です。BOARDの直観的ユーザインタフェースにより、マーケティング担当者は、既存のレポートやダッシュボードを個々に表示し、動的選択ツールを利用してオブジェクトを設定し、興味を引かれた情報の詳細にドリルダウンし、最終的にオブジェクトを個人用スペースに保存できます。さらに、BOARDをキャンバスとして利用し、テーブル、グラフ、コックピット、その他のオブジェクトをドラッグアンドドロップし、そこに分析対象となるデータを挿入するだけで、独自のダッシュボードを作成できます。 BOARDは、真のデータディスカバリーを機能させ、画面、データ、メタデータ及びアプリケーションを超えた検索を行うことができる統合された検索を提供します。このように、チームにおいて、隠れた改善の可能性を発見することができます。

傾向の予測

マーケティング担当者は、傾向が生じる前にそれを感知する必要があります。BOARDによるマーケットデータの包括的な分析は、顧客の好みの変化を予測するために役立ちます。最も最も重要なことですが、BOARDでは、レポートとダッシュボードを新たな開発に適応させ、それに応じて今後のマーケティング活動の計画を変えることができます。このように、IT部門に助けを求める必要がないため、処理の無駄を省き、より迅速に反応できるようになります。こうして、変化に後れを取らないようにできます。

マーケティングとセールスの結び付き

最後に、マーケティングの成功は、販売実績で測ることもできます。BOARDの単一の仮想データストレージでは、両方の領域からのデータを一つにまとめ、それらを同じユーザインタフェース内で分析できます。こうして、具体的なマーケティング活動と販売傾向の関連性について結論を出すことができます。CRMとBOARDを相互に関連付けることで、マーケティング領域とセールス領域からさらに多くの洞察を得ることができます。