Live webinar

経営管理DX:避けられない「非効率」からの脱却 - 統合事業計画IBPの段階的導入の考え方

成功のカギを握るテクノロジの選択 

2021年夏にファイナンスリーダー、意思決定者を対象にBoardが実施したグローバル意識調査によると 91%の回答者が、「財務部門はかつてない事業成長の機会を握るデジタル時代の最も重要な戦略的資産である『データ』のハブである」と考えています。

一方、意思決定者の62%は提出される財務レポートでパフォーマンスを完全に把握し、正確に予測することが課題と考えています。

予測困難な変化に迅速に対応できる組織づくりにテクノロジが果たす役割は非常に重要です。

  • 経営管理のDX推進に必要なものは何か?
  • 最適なテクノロジにはどのようなものがあるのか?

市場には数多くのテクノロジが存在し、その特性や違いは一見して判断しづらいこともあります。Boardを適用できる業務領域は、経営管理、予算管理だけにとどまりません。

可視化、計画、予測、シミュレーションは、人事、営業、生産・製造、物流、マーチャンダイジングなどあらゆる領域でも有効活用可能です。

この度、3回のシリーズで経営管理業務DXに非常に有効な「Board」意思決定プラットフォームをご理解いただくウェビナーを開催いたします。

貴社の課題やDX推進の取り組みに、Boardがどのように活用できるかのイメージを捉えていただく機会としていただければ幸いです。 

  • 第1回 1月20日(木)10:00 - 予算管理の効率化
  • 第2回 2月17日(木)10:00 - 統合事業計画IBPの段階的導入の考え方
  • 第3回 3月18日 (金)10:00- Boardで実現するFP&A 

皆様のご参加をお待ちしております。