Ability Options

予算計画と財務報告をレベルアップしたAbility Options

自動化されたドライバーベースのプロセスにより、15万ドルの年間コストと1,900時間以上の手作業を削減

サービスに対する需要が高まるにつれ、障害者サポートプロバイダーのAbility Optionsは、時間のかかる手動の予算編成と、目的に適さなくなったレポート作成プロセスに苦労していました。Board意思決定プラットフォームを使用してデジタル変革を推進することで、Ability Optionsはドライバーベースの予算編成プロセスに移行し、必要な手作業を大幅に削減し、財務業務の効率と正確性を向上させました。

  • Industry: Charities & Non-profits
  • 部門: Finance
In partnership with:
自動化されたドライバーベースのプロセスにより、15万ドルの年間コストと1,900時間以上の手作業を削減