サプライチェーン

有効な生産能力をテストし、運用効率を最大限に高める

生産能力計画により生産能力と需要のバランスを取る

Boardを活用し、主要なリソースの稼働状況を詳細に把握し、運用能力をテストすることで、顧客需要の変動に適切に対応して、プロセスの効率を高めることができます。

コラボレーション作業用に設計された生産能力計画ソフトウェア

Boardの意思決定プラットフォームにより、企業はビジネスデータを透明性の高い統合ビューで確認し、それに基づいて生産能力計画(RCCP)を正確かつ効果的に実施できます。

  • 目標とするアウトプットを把握

    達成すべき生産量や、人員・資本などの主要なリソースの要件に関する基準生産計画を把握します

  • 必要なインプットを見積もる

    社員数、シフト数、工場や機械の数、稼働率など、必要とされる重要なリソースに関する見積もりを概算します

  • 生産能力をテスト

    必要とされる主要なリソースの見積もりと実際のパフォーマンスデータが示す生産能力を比較して、基準生産計画を承認、または適宜調整します

  • インシデントのリスクを排除

    生産能力計画と定期的な再計画のサイクルによって、標準から外れた特殊なケースを適時に検出し、ボトルネックや過飽和などの重大な問題を回避します

  • コラボレーションを促進

    独自のコラボレーション型ワークフロー機能により、サプライチェーン部門と人事部門の継続的なコラボレーションを保証できます

お客様の成功事例-KUKA Roboter GmbH

需要計画と、使用可能な生産資源との正確なマッチング

現在、私たちの計画は統合されており、これには大変満足しています。戦略計画から販売、生産計画に至るまで、プロセス全体を体系的に結び付けており、私たちは他社の多くよりもはるかに先を行っています。

Boardのサプライチェーン機能の詳細をご覧ください

サプライチェーンコントロールタワー

統合アプローチにより、企業の全サプライチェーンにわたる可視性、モニタリング&管理、先見性を向上

詳細

S&OP

需要と供給のバランスを取り、運用上の主要な価値推進要因とビジネス・財務上の変数を統合

詳細

需要計画

機械学習環境内の予測分析機能により、顧客需要計画を強化

詳細

供給計画

調達、生産、倉庫業務にわたる計画能力を強化

詳細

生産能力計画

供給計画の要件を満たす能力計画を実現

現在のページ