サプライチェーン

供給計画能力を向上

供給プロセス全体の計画を向上し、需要目標と生産能力の要件を満たす

正確なデータ基盤を構築し、その基盤上ですべての供給計画業務を行い、戦略的ソーシングおよび調達計画、生産計画、在庫計画をユーザフレンドリーな単一のプラットフォームで完全に統合できるようにします

戦略的ソーシングの意思決定をサポート

自社製にするのか、それとも購入するのか、オフショアリングまたはリショアリングを進めるのか、あるいはシェアードサービスを導入するのか、といった意思決定を容易にします

  • ソーシング戦略を簡単に定義

    供給市場の分析、ソーシングの範囲、緊急に講じるべき方策、ガイドライン、事前資格審査を盛り込んだ、カテゴリごとのソーシング戦略を設定します

  • プロセスを合理化

    サプライヤによる入札提出から契約条項の規定まで、ワークフロー主導のコラボレーション型環境で実現します

  • 入札管理を自動化

    基準や主要な購買要因をあらかじめアップロードし、それに基づいて入札の評価、並べ替え、ランク付け、最終候補者リストの作成を自動的に実行できます

  • サプライヤを素早くスコアリング

    クラスタ化機能や分析機能を活用し、体系化された基準(支出の比率、危険度のレベル、地理的な範囲、規模など)に基づいてサプライヤを階層に分け、KPIや事業目標に基づいてサプライヤの業績をランク付けすることで、サプライヤから最大限の価値を引き出せるようにします

  • より完璧なレポートを作成

    BI機能を活用して、入札に関するレポートやダッシュボードと、契約のための主要な価値推進要因を生成します

調達計画を策定

サプライチェーンの全プロセスにわたり、コラボレーション型環境の中で調達計画を作成します

  • 完全な統合アプローチ

    需要計画、生産計画、および倉庫計画を踏まえて、営業費の削減を目指した購買計画を生成します

  • 予測による洞察で計画を強化

    機械学習を用いた予測分析エンジンにより、調達計画業務を強化します

  • リアルタイムの再計画を実現

    サプライチェーンプロセスからの有効な情報に基づいて、購買の再計画サイクルをリアルタイムで管理します

  • 業績に関する洞察を即時に入手

    レポートとダッシュボードによる予測値と実測値のギャップ分析が可能です

カテゴリマネジメントを強化

カテゴリマネジメントプロセスのあらゆるステップと、SKUの合理化を可能にする管理をサポートします

  • 複雑さを軽減

    BIと分析機能を活用して、支出カテゴリとSKUを適切に定義します

  • 管理を向上

    シミュレーション機能とシナリオ分析機能を使用して、ソーシング部門(地域の部署とグローバル部署)全体で所有と管理の帰属を判断します

  • マーケットインテリジェンスを活用

    新製品、製品仕様の変更、製品の生産中止に関するマーケットインテリジェンスをサポートします

  • 包括的なコスト分析を実施

    クラスタ化技術を使用して、カテゴリごとのコスト分析を実施します

生産能力&生産計画を強化

適切な事業目標を定めるため、戦略から実行までの生産能力&生産計画を合理化します。

  • 十分な情報に基づく生産戦略を策定

    ビジネスの持続可能性を高め、価値創造の目標を達成することのできる生産戦略(数量の閾値と、効率、生産性、スケールメリットに関する目標)を策定します

  • 製造のフットプリントを簡単に管理

    アウトソーシング、オフショアリング/リショアリングのいずれを選択した場合も、自社の倉庫とサプライヤ/顧客のロケーションの配置を考慮して、地域をまたいだフットプリントを定義できます

  • 生産能力&生産計画の効果を高める

    需要計画、調達計画、在庫計画を踏まえた多次元かつドライバベースの計画プロセスで、生産能力の要件を満たした基準生産計画を推進します

  • 再計画サイクルをリアルタイムで管理

    サプライチェーンプロセスからの有効な情報に基づいて、再計画サイクルをリアルタイムで管理します

  • 業績のギャップを検出

    レポートとダッシュボードによる予測値と実測値のギャップ分析が可能です

在庫計画を近代化

サプライチェーン全体の原材料、半製品、完成品の流入と流出を調整する在庫計画により、倉庫業務を合理化します

  • 事業目標に則した在庫戦略を策定

    ビジネスの持続可能性を高め、価値創造の目標を達成することのできる在庫戦略(在庫の閾値と、回転効率、陳腐化、廃棄率に関する目標)を策定します

  • 倉庫のフットプリントを簡単に定義

    アウトソーシングを選択した場合に、製造のフットプリントと顧客/サプライヤのロケーションに基づいて、倉庫のフットプリントを定義できます

  • 在庫をエンドツーエンドで管理

    在庫の流入および流出の計画を立て、安全/バッファの在庫閾値を定義。この計画は、補充の基準を考慮し、需要計画、調達計画、生産能力&生産計画を踏まえたものとします

  • 再計画サイクルをリアルタイムで実行

    サプライチェーンプロセスからの有効な情報に基づいて、在庫の再計画サイクルをリアルタイムで管理します

  • レポートからビジネス上の洞察を得る

    プラットフォーム固有のレポーティング機能を使用して、在庫の流出入、欠品、在庫の回転、従業員の生産性などの変数および主要な価値推進要因に関連する実測値と予測値とのギャップ分析が可能なレポートとダッシュボードを作成します

お客様の成功事例-NEC Display Solutions

全社的な運用計画およびレポーティングシステム

Boardのおかげで、Excelを使用した販売・購買システムを、データベース型の運用計画およびレポーティングシステムに置き換えることができました。

Boardのサプライチェーン機能の詳細をご覧ください

サプライチェーンコントロールタワー

統合アプローチにより、企業の全サプライチェーンにわたる可視性、モニタリング&管理、先見性を向上

詳細

S&OP

需要と供給のバランスを取り、運用上の主要な価値推進要因とビジネス・財務上の変数を統合

詳細

需要計画

機械学習環境内の予測分析機能により、顧客需要計画を強化

詳細

供給計画

調達、生産、倉庫業務にわたる計画能力を強化

現在のページ

生産能力計画

供給計画の要件を満たす能力計画を実現

詳細