Press Release

Board、経営計画の将来のあり方に関するBARC社による独占調査を発表

水曜日, 10 6月 2020 - スイス・キアッソ及び米国・ボストン発

調査は、一般的な計画と予測の課題を検討し、デジタル変革のための実践的なアドバイスを提供しています

ビジネスインテリジェンス、統合事業計画、予測分析を統合したBoard意思決定プラットフォームを提供するBoard Internationalは、独立系業界アナリストのビジネスアプリケーションリサーチセンター(BARC)が編集した、経営計画の未来に関する独占調査の結果を発表しました 。「統合的かつ予測的-経営計画の未来」の完全版は、こちらから入手できます。

この調査では、さまざまな地域、業界、およびビジネス部門の400人を超えるCFO、CEO、CIO、および専門家の見解を調査し、今日の計画と予測の状況の全体像を提供しています。 また、予測計画の台頭などのトピックを調査し、これらの活動がどのように発展しているのか洞察を提供し、同業とのベンチマークや将来に向けての準備を整えるために役立つ内容を提供します。

Board InternationalのCEO兼創設者ジョバンニ・グロッシは次のように述べています。

“世界は、かつてないほど速いペースかつダイナミックに変化しています。そのため、戦略的および全社的な事業計画と分析およびビジネスインテリジェンス(BI)との統合は、データに基づいた包括的且つ根拠のある意思決定を行う上でますます重要になっています。 企業のリーダーたちが、組織内の計画改善のための主要な重点領域を特定し、デジタル変革の取り組みを促進するために役立てていただけるよう調査を依頼しました。そして、興味深い結果が得られています”

BARC社CEO兼創設者Dr. Carsten Bange 氏は次のように話しています。

“調査全体を通じて、関連する技術、ビジネス、および組織の課題といった計画と予測のいくつかの重要な側面を分析しています。また、本調査結果を元に、企業のリーダー達がビジネスを正しい方向に導き、予測計画アルゴリズムなどのテクノロジの利点を活用するのに役立ついくつかの推奨事項も提供します。”

レポートの完全版はこちらからダウンロード頂けます。

 

BARC について

BARC(ビジネスアプリケーションリサーチセンター)は、データ、ビジネスインテリジェンス(BI)と分析、エンタープライズコンテンツ管理(ECM)、カスタマーリレーションシップマネジメント(CRM)の分野に焦点を当てた、ビジネスソフトウェアを対象としたヨーロッパ有数の調査会社の1つです。 同社は1999年に、ヴュルツブルクのジュリアスマクシミリアン大学の経営管理および情報システム部門から独立して設立されました。今日、BARCはすべての市場との絶え間ない意見交換を含め、実証的および理論的研究、技術的専門知識、および実践的経験を組み合わせています。詳細はこちらでご覧いただけます。www.barc-research.com

 

Boardについて

Board International は、1994年に設立されたスイスと米国ボストンに本社を置くソフトウェア企業です。企業の意思決定を支援するビジネスインテリジェンス(BI)、CPM(経営管理)及び予測分析アプリケーションを一つのプラットフォームで実現するBoardを提供しています。Boardの意思決定プラットフォームを活用することで、正確で包括的な事業データを一元的に把握し、経営戦略からオペレーションの実行まで企業全体のパフォーマンスを管理することが可能です。Coca-Cola, Ricoh, KPMG, Puma, SiemensやZFグループといった大手グローバル企業がBoardを導入しています。 www.board.com