財務

収益性分析の透明性を向上

事業活動のあらゆるレベルで収益性を完全に可視化し、コスト、利益、資本を簡単に割り当てる

収益性分析は、戦略的および運用上の意思決定にとって非常に価値がありますが、通常、実施するにはかなりの時間と労力を要するプロセスです。 Boardの意思決定プラットフォームは、ビジネス全体の情報源からの情報を統合することにより、すべての事業活動の収益性をリアルタイムで完全に可視化し、迅速な意思決定と、コスト、利益、資本配分を容易に実現できるようサポートします

現代企業のための収益性分析ソフトウェア

ビジネス全体のデータと統合されたビジネスインテリジェンスおよび監視機能を組み合わせることにより、Boardは、時間を要する手動の作業を伴うことなく、収益性分析を簡単に行うことができます

  • 収益性計測を完全に可視化

    次のような収益に関する徹底した計測:

    • 粗利益、収益とすべての運用変数の直接コスト
    • 営業利益、収益、および償却、損失計上、引当金を含むすべての運用コスト
    • 利益、すべてのコストと収益
  • 高度な計測と主要収益性指標

    資本に関する一貫した収益性測定:

    • 使用総資本利益率(ROCE)
    • 使用総資本利益率から資本コストを差し引いた純税額差(ROCE純税額-加重平均コストWACC)
    • 価値創造差 = (ROCE純税額ーWACC)xCE(使用資本)
    • 総資産利益率(ROA)
    • 株主資本利益率(ROE)

    正確なキャッシュ生成計測

    • 営業フリーキャッシュフロー( OpFCF)
    • エクイティフリーキャッシュフロー(eqFCF)
  • 収益性の多面的な視点を獲得

    すべての収益性測定は、法人格、事業部門単位、市場、さらに、地域、製品群、顧客タイプ、販売チャネル  といったあらゆる主要な角度から分析でき、階層のさまざまなレベルで収益性とキャッシュ生成の多面的なビューを提供します

  • 単一アイテムレベルへの粗利益割り当てを簡単に作成

    ランディングコストアプローチに従って、購入コスト、輸送コスト、税関支出、保険コストなどのすべての変動直接コストを個々の出荷、トランザクション、またはアイテムなどに割り当てます。 この割り当てを収益の割り当てと組み合わせて、個々の出荷、取引、またはアイテムまでの粗利益の割り当てを考え出します

  • さまざまな原価計算手法のサポートにより、営業利益を実際に促進するものを理解

    コストセンターアプローチ、活動ベースの原価計算、効率ベースの吸収原価計算などのさまざまな方法論に従って、プラットフォームの柔軟性とビジネスモデリング機能を活用して、すべての運用コストを適切に多段階および多次元に割り当てます

  • 資本配分を効果的に実行

    複雑かつ明確な手法に従って、投下資本、正味固定資産、正味運転資本の観点から適切な資本配分を実行し、資本収益率を実際に促進する要因を理解します

お客様の成功事例-Avaloq

収益性を完全に可視化

顧客、サービス、ビジネスユニットごとの収益性の多面的なビューを作成することにより、BoardはAvaloqが利用できる財務詳細のレベルを強化しました。 コストと収益は、事前定義された一連のドライバーを使用して、事業部門からプロジェクトに、または部門から部門に再割り当てできるようになりました。

Boardの財務機能の詳細をご覧ください

予算編成、計画立案、予測

組織全体の予算編成、計画立案、および予測業務をシームレスにつなぎ、反復的なプロセスを自動化することで時間を節約し、統合事業計画アプローチにより可視性、精度、コラボレーションを向上させます。

詳細

収益性分析、業績管理、アナリティクス

収益性と業績の分析、主要な価値推進要因の変化がビジネス上の成果に及ぼす影響のシミュレート、および洗練された分析ツールによるデータからの洞察の抽出による、十分な情報に基づく意思決定を可能にします。

詳細

決算処理、連結会計およびリース会計

コンプライアンスを遵守したワークフロー主導型の環境で、決算処理、財務統合、およびリース会計業務を容易にします。

詳細

法廷報告、開示管理、管理報告

単一の環境の利点を活用して、報告作業と開示義務を達成します。

詳細