Document

CFO - 「攻めの」財務部門への転換

セルフサービスBI時代の予算、計画、予測プロセス

FP&A(財務計画と財務分析)プロセスのデータドリブン化が進む中で、財務責任者は、より優れた意思決定のために必要な情報をビジネスリーダーに素早く効率的に提供する手段を探しています。

 

  • セルフサービス分析とはどのようなもので、財務部門や事業部門のユーザにとってどういったメリットがあるのか
  • セルフサービス分析を活用することで、予算編成プロセス、計画プロセス、及び予測プロセスをどのように合理化できるのか
  • 財務責任者は、どのような方法でIT部門や事業部門のリーダーと協力して、データの可用性や精度を向上できるのか
  • 主要企業は、スプレッドシートの「氾濫」を軽減させたり、解消したりできるセルフサービス分析のベストプラクティスをどのように実践しているのか
  • コグニティブテクノロジやセルフサービス分析は、今後、財務においてどのような役割を果たすのか

 

CFO.comが調査、編集した本書をダウンロードしてご一読ください。