Analyst Report

レポート:Nucleus Research CPM Value Matrix 2019

Board:2019年CPM市場のリーダーの評価

計画が本質的に持つ性質を活用できるよう、CPMベンダーはソリューションの機能をより使いやすく(民主化)することに重点を置いてきました。 言い換えれば、ベンダーは、財務やIT部門以外のユーザが自社のシステムの機能を利用しやすくするよう努めています。

CPMソリューションの役割を他の業務領域に拡大することで、企業の従業員全体がクラウドや分析の恩恵を享受でき、従来のソリューションからのアップグレードに対する組織的無関心を排除することができます。

Nucleusは、本バリューマトリックスにおいてCPMベンダーを使いやすさと機能性、および各製品の機能から得られる顧客の価値に基づいて評価しています

本調査は、CPMテクノロジ市場のスナップショットとして活用でき、ベンダーがどのように価値を提供しているかや、現在の投資に基づいた将来見通しを測ることにも役立ちます。

Value Matrixはベンダーを4つのカテゴリーに分類しています: 

  • リーダー
  • エキスパート
  • ファシリテーター
  • コアプロバイダ

 

nucleus_cpm_value_matrix_2019.png
CPMの導入において、Boardは多次元の業務計画を単一のインターフェースに統合できる機能があり、通常複数の部門にまたがって実装されます。 (Nucleus Research Inc.のアナリストAndrew MacMillen氏)

 

実際、企業は、360度の組織の見方に基づいて、可能な限り最良の意思決定の手段を評価するために、非財務データの力も最大限に引き出す方法を模索しています。Boardは、同じデータセットに基づいて、意思決定プラットフォーム全体でのビジネスインテリジェンスと予測分析の力を基に、異なるソースからの財務データと非財務データを単一の環境で統合することができます。

Nucleus Researchのレポート全文をご覧いただき、CPM市場の状況把握と共にBoardがリーダーの評価を得ている理由をご確認ください。(英語版)