グラクソ・スミスクライン - Case Study

セールスインテリジェンスおよび分析プランニングアプリケーション

会社情報
グラクソ・スミスクライン(GSK)は世界有数のリサーチベースの製薬会社の1つで、技術とリソースの強力な組み合わせによって今日の急速に変化するヘルスケア環境における力強い成長を生み出すプラットフォームを提供しています。英国に本社があり、米国を拠点に事業を行っているGSKは、業界のリーダーの1つであり、世界の製薬市場の7%を占めると見積もられています。GSKは、抗感染薬、CNS (central nervous system:中枢神経系)、呼吸器および胃腸/新陳代謝の4つの主要な治療分野でリードしています。さらにGSKはワクチンの重要な分野でのリーダーであり、腫瘍学製品のポートフォリオが伸びています。 GSK Italyは製薬および消費者ヘルスケアの2つの市場で事業を行っている市場リーダーです。欧州全域でよく知られている2つの工場と研究開発センターがあります。

BOARDソリューション
プロジェクトには3つの主要分野があります。

  • セールスプランニングおよび監督:特に予測、予算編成、3ヶ年計画に関するプランニングプロセスにおいて製品部長をサポート
  • 財務プランニングおよび監督:コストの監視と特に予測、予算編成、3ヶ年計画に関する経済および財政計画において職務部長をサポート
  • 販売員インテリジェンス:GSK会社ポータル内で完全に統合されている、市場データ(IMS:情報管理システム)と販売員目標分散分析へのウェブアクセスこのアクセスは個別の管理責務と地理的な責務に基づいて個人化されています。

 

ビジネス利益
BOARDは大量のデータを簡単に低コストで管理するのを可能にします。しかし、最大の強みはシミュレーションサポートと絶えず変化する当社のビジネスニーズに多次元モデルを適応させる柔軟性です。これは、2000年のGlaxoWellcomeのSmithKline Beechamとの合併後にインテリジェンスプロセスを検討する必要があった時に現場で証明されています。私は長年BOARDに慣れ親しんでいますが、常にツールキット手法の独自性を高く評価してきました。これと専門知識およびSDGコンサルティングの方法論の組み合わせが当社のソフトウェア選択のキー要因でした。予期した通り、シンプルではあっても非常に強力で非常に拡張性のあるBOARD構造のおかげで、システムとハードウェアインフラに対する最低限の資源投資でビジネスの課題に専念することができました」とInformation Technology Italyの副社長、Paolo Poglianiは述べました。 GSK内で、BOARDは現在600以上のレポートおよびチャート、約300のウェブページを生み出しています。さらに、プランニングプロセスは異なる50の予測およびコスト割り当てモデルによってサポートされています。