Analyst Report

次世代ビジネス・プランニング(経営計画)のための5つの主要構成要素-Ventana Research

計画プラットフォームが必要な理由

企業には多くの計画が存在します。販売を計画し、提供する製品やサービスを決定し、販売価格を決め、コストの試算をします。事業の運営に必要な人員数や流通やサプライチェーンの構築方法を計画します。しかし、これらすべてのプロセスに投資する際に、必ずしも価値のあるリターンを得ているわけではありません

Ventana Researchは、次世代計画ソリューションの要となる予測計画の概念に焦点を当てています。予測計画は、計画の正確性を向上させ、期待される結果からの逸脱を迅速に検出し、その逸脱が顕著な場合に対処するプロセスとしてVentanaによって定義されています。

予測計画の取り組みを明確に実行するには5つの重要な構成要素が必要となります:

  1. 単一、共有のデータソースとエンドツーエンドの計画プラットフォーム(目標設定から実行まで)
  2. 簡潔、迅速で詳細な計画立案と予算編成サイクル
  3. ドライバベースの計画
  4. アラート管理による分析
  5. 協調した意思決定プロセス

 

Boardのような統合されたプラットフォームを使用することで完璧なブレンドができあがります。オールインワンのBIと経営管理プラットフォームを使用することで、スプレッドシートに依存している場合と比較すると、データの収集や修正、数式のチェック、レポートの生成と配賦にかかる時間や労力を削減できます。これにより計画サイクルが短縮され、俊敏性が促進され、競合他社の動きや市場環境の変化に対して企業がよりうまく対応できるようになります。

 

5つの構成要素の詳細は、Ventana Researchの資料をダウンロードしてご覧ください。(資料は英語です)