Analyst Report

Bloor research - 洞察からアクションへ

意思決定プラットフォームが起こす変革とは

Bloorのアナリストは、Boardの意思決定プラットフォームの評価を行い、その結果を発表しました。Boardソリューションは、企業全体にわたるすべてのデータの統合された分析をサポートし、このデータを全社的に使用してレポート作成、シミュレーション、予算編成、計画及び予測を実行することを可能にし、単一の製品内でBI(Business Intelligence:ビジネスインテリジェンス)及びCPM(Corporate Performance Management: 企業パフォーマンス管理)を統合しており、Bloorチームからの高い評価を獲得しました。詳しくは続きをお読みください。 

 

意思決定は、可能な限り正確な事実の評価に基づいて行われるべきです。そのためには、データの幅広さと深さを考慮に入れる必要があります。Single version of the Truth(単一の真実=データの一元性)を求めることが一般的な方法となってきているにもかかわらず、多くの企業には財務データ及び運用データという少なくとも2種類のデータが存在しています。 

Bloor Researchの新しいレポート「From Insight to Action(洞察からアクションへ)によると、この種の状況は組織内においてBI及びCPMソリューションの効果性と信頼性を脅かしてその価値を損なわせるばかりか、ビジネスにおける意思決定プロセスを誤った方向へ導くものとさえなります。それとは逆に、より良いデータがより優れた結果を生み出し、それらのより優れた結果によってより多くの人がデータの使用によるサポートを望むようになるという、好循環が生み出されていく状況こそが、真に変革をもたらす鍵なのです。

共通のソースから得られたデータを使用して合意した事実に基づくより良い意思決定は、生産的かつ競争力を持った企業の基盤の一つです。-ブロアのアナリストによる。「Boardのソリューションは、手頃で柔軟性があり生産性の高い単一のパッケージで必要とされるものを提供できる、数少ない製品の一つだと思います。」

 

Boardのさまざまな機能の中でも、Bloorのアナリストは特に以下の機能を高く評価しています。

 

  • 事実重視の意思決定:私たちがデータに求めるのは、それを単一のデータ資産と見なせることです。そして、データの操作を文書化し説明したいと考えています。そうすれば事実をレポートとしてまとめたり、あるいはそれらを使用してモデル化を行うとき、すべての人がその根拠となるものを理解し、提示されている情報を信頼することができます。」

  • 質の高いデータから質の高い洞察へとユーザを導く力: そのため、レポート作成及び分析機能だけに基づいてBIツールを選ばないようにすることはとても重要です。Boardは、多くの点で競合製品から差別化する機能を備えており、信頼性が高く実用可能な洞察を生み出すのに必要な種類のデータプラットフォームを提供できます」

  • 非常に好意的な顧客フィードバック: 顧客はBoardによって得られるメリットはそのオスとを何倍も上回ると考えており、結果として他にはない製品を使用しているという非常に高い顧客満足を生み出しています。」

 

この調査では、世界中のお客様によるBoardの最新の使用例も紹介されています。これには以下のケーススタディが含まれます。

  • ドイツの大手製造コングロマリット企業は、180ヵ国以上にわたって、そのポートフォリオの構成要素を常に売買しています。同社は、コストと影響を十分に理解したうえで重要な変更に関する高度な意思決定ができるようにすることを目指していました。それができるようになったのです。

 

  • スウェーデンの 大手多国籍アパレル小売企業は、 Boardを予算編成及び計画プラットフォームとして使用し、すべての店舗及び倉庫間で労働力需要を管理しています。サプライチェーンから、国・地域・本社の管理階層に至るまで、世界中のあらゆる店舗で24時間365日体制で使用されており、ユーザ数は1万人以上になります。 

 

  • 国内に300を超える視点を抱えるイタリアの銀行では、 wデータを統合し、それを採用して効果的な予算編成、予測、制御及びレポート作成を実現し、効果的な運用の中核となるコアシステムを生み出すことが目標でした。

 

フォームにご記入の上、Bloor Researchのレポート全文をダウンロードして、意思決定プラットフォームが状況をどのように一変させるかをご確認ください。(レポートは英語です)