アクゾノーベルディストリビューションとBOARD:効果的な新財務機能の構築

Akzo Nobel Distribution

アクゾノーベルディストリビューションとBOARD:効果的な新財務機能の構築

業界屈指の世界的リーディングカンパニーのひとつ、アクゾノーベルは、塗料、ニス、産業・職人・日曜大工向け化学製品の最大メーカーとして知られています。

アクゾノーベルの傘下には、最近「シッケンズソリューション」と名称変更した販売会社があります。現在フランス国内に150を超える販売拠点を抱え、およそ900に及ぶパートナーと連携しながら、独自の専門知識とノウハウを企業顧客だけでなく企業以外の顧客のためにも役立てています。

シッケンズソリューションは、ペンキ、壁面・床面用塗料、工具分野における高品質の製品を提供しています。店頭では各製品を明快に区別し、分かりやすく注目を集めやすいレイアウトを演出して、塗装工が自信をもって自分のプロジェクトに専念できるような配慮がなされています。

このたび、アクゾノーベルでは環境保護の重要性を企業戦略に取り入れ、持続可能でエコロジーな製品およびソリューションを顧客、株主、パートナーに提供するための取り組みを開始しました。

 

BOARDによる財務機能の移行

アクゾノーベルの経営財務部では、プロフィットセンターの収益性管理の向上、月間レポーティングプロセスの改善、予算プロセスの修正が要望として挙げられていました。

長期的な目標としては、営業実績(売上高および純利益の推移についてのデータ)を表す指標の生成を自動化すること、大量の情報の一括管理により時間を節約し、結果のプレゼンテーションの品質を高めること、 150の販売拠点およびP&Lの月間生産の予算を組むことが定められ、ひいては、経営管理者が実働部隊の分析およびサポートにより多くの時間を費やせるようになることを目指します。

結果的に、レポーティングおよび予算作成用の新しいツールとしてBOARDが選ばれました。システムの実装に携わったスタッフは、このツールの導入の迅速性(ソフトウェアを3か月で統合)と高い効率に非常に驚いていたということです。このようにして、グループの経営財務管理部で新しいプロセスの構築が行われました。BOARDにより、適切な予算管理とプロフィットセンターの緻密なパフォーマンス分析が実現したのです。