Analyst Report

FSN調査レポート - The Future of Analytics in the Finance Function

グローバル サーベイ 2020


予算策定や当期の予測という基本的な計画作成の業務においても、多くの企業は何らかの形で分析をしています。 しかし、ほとんどの企業はデータから真の価値を引き出すことができておらず、周期的なレポート作成という作業をしているにすぎません。事業運営の面では十分ですが、より洞察力、俊敏性、戦略的方向性を備えた競合他社には及ばないままです。

この傾向は、特にファイナンス部門に見られます。FSNによる最新のグローバル調査では、4つの主要な財務プロセスー見積もりから回収(quote to cash:Q2C)、購買から支払い(purchase to pay:P2P)、記録からレポート作成(record to report:R2R)、予算編成、計画、および予測(BPF)の全般にわたって、洞察に満ちた分析成熟度が高い企業はわずか16-18%と示されています。

 

FSNによる本調査レポート全文をご覧いただき、Boardのような洗練されたCPMBIと分析プラットフォームが、ファイナンス領域のデジタルトランスフォーメーション(DX)を促進し、BPFR2RQ2CおよびP2Pプロセス全体のデータ分析を支援する方法をお確かめいただき、意思決定のレベルアップにお役立てください。(英語版)