Whitepaper

業務のブラックホールを解消するには?「やってみる」から「分析する」へ

Article from The Manufacturer

 

「ブラックホール」は、異なるシステムとデータ、プロセス、ワークフローの可視性の欠如が原因で発生する、サプライチェーンの一般的な問題です。変化の速い消費者主導の今日の環境では、利用可能なデータを完全に把握し、活用できないことは、市場シェアの獲得と喪失の違いを意味する可能性があります。

計画業務、調達およびマーケティング業務などに携わっている人は生成された膨大なデータに精通していますが、断片化され、分断されたサイロ内で業務を続ける組織の数が増え、従業員は、資材の入荷過程や完成品出荷後の過程といった状況を明確に理解せずに調達したり、完成品を発送したりしています。

本文書では、BoardのFMCG責任者Andy Noyceが、組織が運用上のブラックホールを排除し、よりスマートで、より速く、より効率的な作業方法に移行する方法を説明します。

業務のブラックホールを解消するには?「やってみる」から「分析する」へ | Page 1
業務のブラックホールを解消するには?「やってみる」から「分析する」へ | Page 2
業務のブラックホールを解消するには?「やってみる」から「分析する」へ | Page 3

Complete the form to read "業務のブラックホールを解消するには?「やってみる」から「分析する」へ" and receive a downloadable copy

業務のブラックホールを解消するには?「やってみる」から「分析する」へ | Page 4
Boardについての詳細のお問合せは
業務のブラックホールを解消するには?「やってみる」から「分析する」へ | Thumbnail | Page 4
業務のブラックホールを解消するには?「やってみる」から「分析する」へ | Thumbnail | Page 4
業務のブラックホールを解消するには?「やってみる」から「分析する」へ | Thumbnail | Page 4
業務のブラックホールを解消するには?「やってみる」から「分析する」へ | Thumbnail | Page 4