ダッシュボード機能

一目で全体像を把握

優れたデータ可視化表示により企業業績を容易に要約し、現在起きていることを個人的に即座に理解できるようにします。あらゆるソースからのデータを組み合わせて、企業全体にわたる指標及び重要業績評価指標(KPI)の状態を効果的に表示し、モニタリングします。1行のコードも必要とせずにすべてを行うことができます。

データに語らせる

BOARDは、組織のデータを意思決定者にとって適切な情報に変える比類なき機能を提供します。ゲージ、DataView、マップ、チャート、ウィジェット、テーブル及び他のデータ認識オブジェクトは、セグメンテーション、予測、時間及びビジネス関数などの強力な設定不要の分析機能に関連付けられます。これにより、画期的な明確さでデータを表現する機能を提供します。

即座にさらに深い理解を得る

BOARDダッシュボードに表示されるあらゆる要素は、インタラクティブで、画面上の他の全てのコンポーネントと完全に同期され、基礎となるデータに自動的に接続されます。この環境では、データに関するより深い洞察が簡単に得られます。ユーザは、KPIゲージ、ウィジェット及びグラフから直接ドリルエニウェアを行うことができます(ドリルダウンパスを決定し、行またはチャートを画面全体のフィルタとして利用し、分析の測定値と次元をドラッグアンドドロップして、最も複雑な分析を簡単な作業に変えます)。

計画に対して実績を容易に追跡

BOARDは、分析及び計画機能を単一のプラットフォームに統合し、目的に対して業績を追跡するために即利用可能な機能を提供します。計画され予測されたデータ及び実際のデータの統合された測定値、指標及び階層によって、ビジネス業績及びエグゼクティブダッシュボードを容易に構築できるようになるだけでなく、ユーザが任意のレベルの詳細及び分析の任意の次元にわたって予実績比較を即座に行うことができます。

リアルタイムの洞察

物理及び論理インラインメモリ多次元データモデルを通じてBOARDは、どのデータベース上に常駐するデータであってもBOARDのネイティブであるかのように、そのデータを利用できるようにする単一のメタデータゲートウェイを提供します。このように、BOARDでは、リアルタイムでビジネスプロセスをモニタリングするために、ライブデータを調達できるダッシュボードを構築できます。

Next Capability: Predictive & Advanced Analytics