Boardリース会計

IFRS 16 及びASC 842 準拠も簡単に管理

2019年に発効する新しいIFRS第16号およびASC 842の基準は、組織に賃貸またはリースされた有形固定資産の会計処理をより詳細にするよう求めています。実行可能な(または準拠した)オプションではないExcelスプレッドシートでは、企業は新しい標準に沿って大量のデータを収集、管理、レポートするという課題に晒されています

Boardのリース会計は、企業がデータ管理、計算、シミュレーション、および報告の全プロセスにわたって、リース会計のIFRS第16号およびASC第842号の遵守を容易に達成できるようにします。

ifrs16-board-application

Boardリース会計の主要機能

データ統合と簡単設定
Boardリース会計は、既存のデータアーキテクチャーと容易に統合できる、事前に設定されたソリューションです。
 

プロセスの完全性とユーザコントロール
ユーザが使いやすいダッシュボードにより、IFRS 16およびASC 842のプロセス全体を簡単に監視でき、警告システムにより期限に間に合わせ、ユーザ設定によってユーザ機能の定義と職務の分離が可能になります。
 

柔軟なモデリング
さまざまなシナリオの影響をシミュレーションし、最良の判断を下すことができます。 すべてのIFRS 16およびASC 842の計算は、完全な通貨変換機能を備えたソリューションによって生成されます。
 

開示と報告
単一のリース・データ・リポジトリは、より良い意思決定のための可視化および分析を実行するビルトインBI機能によって、IFRS第16号およびASC第842号を厳密に計算および開示することができます。

契約リース管理
完全にサポートされているプロセスにより、リース契約を簡単に管理し、連結会計に必要なデータの収集、計算、および文書ベースを提供することができます。

Boardリース会計の主要な特長

  • プロセスに対するアプリケーション制御
  • ユーザの機能管理
  • 会計年度管理
  • アラートデータマネージャ
  • 異なるデータソースからの契約データのアップロード
  • IFRS第16号およびASC 842チェックリストによる契約適用可能性
  • ジャーナル計算に利用できる別のアプローチ
  • 自動仕訳計算
  • 無制限のシナリオの作成と比較
  • 取引毎、地域別またはグループレベルでの通貨換算
  • 異なるERPシステムへの転記
  • レポート、ダッシュボード、およびグラフを無制限に作成