Press Release

デジタルプランニング・経営管理のBoard Japan、プロフェッショナルサービス業界向けブループリントを提供開始

月曜日, 08 4月 2019 - 東京

各種コンサルティング会社、ITサービス業、広告代理店、人材派遣業をはじめとするプロフェッショナルサービス業界の計画業務、経営管理の高度化を支援

2019年4月9日-ビジネスインテリジェンス(BI)・経営管理(CPM)ソリューションを提供するBoard Japan 株式会社(本社:東京千代田区、代表 篠原史信、以下、Board)は、この度、プロフェッショナルサービスを提供している企業様向けに同業界固有の課題解決し経営管理の高度化を支援する「インダストリー・ブループリント」(業界向け経営管理テンプレート)の無償提供を開始することを発表いたします。

働き方改革の推進による労働環境の改善、人材の確保、高度化する顧客ニーズ、競争の激化といった課題に直面しているプロフェッショナルサービスを提供している企業は、顧客満足度の維持・向上のためサービス品質の向上に取り組みつつ継続的な成長を支える収益性を確保しなければなりません。これには戦略から要員計画/プロジェクト計画まで有機的に連動させ、またプロジェクトのバリューチェーンを包括的に把握することが必須となります。

Boardは、このようなプロフェッショナルサービス業界の課題解決に役立つよう、「中期経営計画および事業計画/予算管理、プロジェクト計画、要員計画の策定」、「パイプライン、案件から始まり、受注、請求までに至るまでプロジェクトの一連の状況の可視化」、「プロジェクト別、顧客別、事業別の収益性の把握等の管理会計」を実現する「ブループリント」を提供します。無償で提供される本テンプレートを使用することで、一部の機能から使い始めたり、或いはお客様固有の要件を追加することができ、短期間かつ安価にシステム化を実現できるだけでなく、プロジェクトおよびパイプライン管理の効率化及び収益性の向上を迅速に実現することができます。

無償「ブループリント」は、今回、第一弾としてプロフェッショナルサービス業向けを提供し、その後、ファッション・衣料小売業界向け、自動車業界向け等2019年中に順次提供する予定です。

提供開始にあたり、4月23日(火)午前10時からプロフェッショナルサービス業界向けインダストリブループリントのご紹介オンラインセミナーを開催いたします。申込ページリンク:https://bit.ly/2CZfGxY        

【プロフェッショナルサービス業界向けテンプレートの概要】

BIによる可視化:

  • 受注、請求、売掛
  • パイプライン、案件
  • プロジェクト、顧客
  • リソース、人件費、稼働状況

CPM:

  • ビジネス戦略及び財務計画
  • 予算計画
  • 収益性分析
  • 連結

オペレーション計画:

  • リソースキャパシティ管理とプロジェクト計画
  • 人材採用とタレントマネジメント
  • 詳細な予算計画と教育コストの配分

大手監査法人KPMG Financeが五か国以上で、計画業務にBoardを導入し、月次レポート作成の時間短縮に成功しています。そのほか、金融コンサルタント、企業変革コンサルティング、ITコンサルティング、戦略経営コンサルティングなど多くのプロフェッショナルサービス企業で、BORADの採用実績があります。

 

【本件についてのお問合せ】

Board Japan株式会社  営業・マーケティング info.jp@board.com

 

Boardについて

Board Japan株式会社は、スイス発のBI、経営管理(CPM)及び予測分析アプリケーションを提供しています。本社Boardインターナショナルは、1994年設立され、スイスのキアッソと米国ボストンに本社を置いています。Boardを活用することで、正確で包括的な事業データを一元的に把握し、予算・予実管理、分析、着地予想など企業の経営戦略からオペレーションの実行まで組織全体のパフォーマンス管理が可能です。Boardは業種や業界を問わず世界で100か国以上、3,000社以上の企業に導入されています。Coca-Cola, DHL, KPMG, PUMA、シーメンスといったグローバル企業がBoardを導入しています。