連結業績管理とIFRS対策セミナー

グローバル企業の財務・経営企画ファイナンス必見!統合事業計画の実践アイテム

計画・予測・連結・分析・見える化などは聞きなれたキーワードですが、今までなかった手頃なオールインワンが発表されました。クラウドで提供されるBoardの連結会計ソリューションは、組織が直面する管理、統合プロセスの課題を総合的に解決するソリューションです。ファイナンス部門の業務のデジタル化と分析の浸透に大きく貢献します。今回、Board Financial Consolidation(BFC)の完全日本語化に伴い、連結とリース会計に焦点を当て、2025年の崖を乗り切るための企業経営のベースとなるファイナンス情報基盤の高度化についてご提案します。

【開催概要】

  • 日時:2019年9月19日(木)14:00~16:30(受付開始:13:30)
  • 会場:ベルサール東京日本橋コンファレンスセンター5階 ルーム7
  • アクセスhttps://www.bellesalle.co.jp/shisetsu/tokyo/bs_nihonbashi/access/
  • 対象: 連結、IFRS対応等に課題、関心がおありのCFO、経営企画・財務部門
  • 定員:50名

 

14:00~14:15 ご挨拶 Board Japan株式会社 取締役社長 篠原史信

グローバル日本企業が数多く成功するBoard IBPと日本組織の方程式

世界で3,000社が利用するBoardでは日系現地法人での成功事例が目立ちます。この成功には、日本で今トレンドとなっているDX・連結デジタルファイナンス展開の方針方程式が含まれています。幾つかの事例を例にとり、皆様のDX・IBPと皆様の組織の現状を考えていただく機会を提供いたします。

 

14:15~15:10 

Boardの連結業績管理基盤 ~BI, EPM, Analytics+制度連結。すべてをオールインワンプラットフォームで~

IFRS対応、グループ経営に必要な情報の拡張、実績から将来予測重視など、連結会計システムに求められる役割や機能も拡がっています。経営のデータ活用の基盤たるEPMに柔軟かつ制度開示の要求も満たせる連結会計機能は必須といえます。Boardの連結機能であるBFC: Board Financial Consolidationの機能概要とその特長についてご紹介します。

株式会社アカウンティング アドバイザリー 金坂 美佳様  コンサルタント/米国公認会計士

 

15:10~15:20 休憩

 

15:20~16:00 我が国における新たなリース会計基準の導入について ~IFRS16号「リース」における実務上論点から考える~

我が国においても、IFRS16号と同様にすべてのリース取引について資産及び負債を認識するリース会計基準の開発に向けて議論が進んでおります。リース会計基準開発に向けての議論の方向性を確認するとともに、IFRS16号適用の実務を踏まえて、日本基準適用の日本企業において、新たなリース会計基準の適用に当たって留意すべき点を解説いたします。

株式会社アカウンティング アドバイザリー 長谷川 直彦様  ディレクター/公認会計士

 

16:00~16:15 Boardのリース会計機能のご紹介

欧米で既に導入が進んでいるIFRS16号に対応したBoardのリース会計機能についてご紹介します。

株式会社アカウンティング アドバイザリー 板橋 孝太郎様 アソシエイト

 

16:15~16:30 Q&A・クロージング